杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【GDP大幅マイナスへ!!】

こんにちは!!本日も人生を楽しんでいます杉元です。
上島コーヒー.JPG
<初めて上島珈琲へ。なかなか使えるな~。価格はスタバと同クラス>
PDPも1997年に設立され早いもので13期に突入しました。
最初の10年強を<第一創業期>と定義づけ、
我々において可能なチャレンジをこの期間は画策いたしました。
そして今後は、より企業理念を軸とした<200年継続する永続企業>を目指し、
昨年からの3年間を<第二創業期>と定義。
同時に<3ヵ年計画>をスタートさせ、新しい将来に向けての創造とそのための変革を実行中なのが
現在のPDPです。
この<3カ年計画>をより具体的なキャッチフレーズとして「身長伸ばさず筋トレしまくる」を言語化し、
通期として<4つの基本方針>を実行中です。
この<3ヵ年計画>の中でも、本13期は「スピード!スピード!スピード!」をキーワードとし、
<前ノメル>ことを意識させた12期に加え、
より3カ年計画前倒し達成に向けて<スピード>を意識させるつもりです。
来月から始まる<行脚>で、
PDPメンバーには直接僕の生声で共有してゆきます。
マイナス.JPG
<昨日夕刊より抜粋>
さて前置きが長くなりました。
昨日2,009年1~3月のGDPが発表され15.2%の大幅悪化が伝えられました。
一方でその最大要因が約25%もの輸出減が主因であり、
その為の施策として他先進国に比べ、所謂「類を見ないペース」での
生産調整を実施した為の国内生産減少も伝えられ、
※アメリカを中心とした景気に関する不安要素は大きいものの
※国内製造業によるIT(情報技術)を駆使した過去例を見ないスピードでの在庫・生産調整能力の素晴しさ
も同時に報告されていました。
またGDP(国内総生産)を語るときの情報として出てくるのが、
※名目GDPと
※実質GDPという2つのワードです。
「どう違うの?」ということに、
ウィキペティアでは以下のように論じています。
・・・以下ウィキペティアより引用・・・・・
国内総生産には名目国内総生産(名目GDP)と実質国内総生産(実質GDP)がある。
※名目GDPはその年の経済活動水準を市場価格で評価したものである。
※実質GDPは名目GDPから物価変動の影響を除いたものである。
つまり、GDPが名目で増加しても同時に物価が上昇していれば経済活動が高まったとは必ずしもいえない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビジネス用語的でわかりにくいので
少し僕なりに解りやすく解説するとこんな感じです。
名目と実質GDPは、
どちらも「国が経済成長をしてるかどうか?」を測るためのもの。
簡単に言うと、
<名目GDPは金額><実質GDPは数量>で測定すると解釈しやすい。
例えば<GDP>を「日本がリンゴを売っている1つの店舗」だと想定して、
<その店舗売上=日本のGDP>だと考えてください。
例えば昨年リンゴが100個売れたのに対し、
今年はリンゴが105個売れた。
この場合数量で考えると成長率は、
105-100/100=0.05⇒5%となる。
つまりこれが実質成長率5%であり、実質GDPは5%成長である。
ここで金額を加味していくと、
例えば昨年リンゴが100円/一つとし、
今年は50円/一つに値が下がったと想定しよう。
この場合の売上は、
昨年⇒100円×100個=10,000円
今年⇒50円×105個=5,250円(つまり物価変動)
この場合の売上成長率は、
5250-10000/10000=-0.475(-47.5%)となる。
つまり名目成長率-47.5%であり、名目GDPは-47.5%成長である。
(通常の世の中ではこんなことはあり得ないが)
これを<個人の給与>に割り当てると、
「給料は減った」けど、
デフレで「物価も同水準で下がった」と想定するならば、
⇒つまり<数>だけ見てれば良い
買い物は変わらない水準で可能であるという論点が「実質」。 
逆に「給料は減った」と嘆くのは「市場価格が変わらない」という前提で今まで買い物出来たものが出来なくなったという論点が「名目」。
僕は個人的にもPDPのビジネスモデル的にも「名目」でしか見ていません。
しかし価格変動が劇的に激しい半導体ビジネスや薄型TVなどを主業務としている企業などは、この「名目」に加え「実質」がより重要となるはず。
こういうデータに即時「反応」しながら「経営」する国際企業はやはり凄いですね。
残念ながら僕は反射神経的にまだ「上がった」「下がった」しか見れませんが。。
4~6月はGDPが好転しそうです。是非期待しましょう!!。
本日も素晴しい人生の1ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top