杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【習慣を変える!!】

こんにちは!!
本日も人生を楽しんでいます杉元です!!
富士見台.JPG
<今までで3本の指に入る旨さです。ここの焼肉は!!>
昨夜は「学び仲間」と威勢よく焼肉でした。
人生で数度目となる西武池袋線に乗って、
富士見台という駅で降りて、
「焼肉牛蔵」というお店でしたが、
あまりの旨さに驚きました。
横浜にも行きつけの焼肉屋がありますが、
場所が遠いのが難点ながらもレパートリーに入れる価値大ありの推奨店です。
JRの○木君。ナイスコーディネート!!。次回も期待してるよ!!
さて。
今日はビジネスに関係ないネタですが、
「習慣を変える」ということを<決定>することで伴う行動の変化について、
自らの事例も加えながらブログを書きたいと思います。
20歳代や30歳で会社を設立したあたりの僕は、
※目の前のことに夢中
※目の前のことを頑張る
など、
「先など考えず今をどう生きるか」を人生だけでなく仕事においても重視していた気がします。
しかし35歳を過ぎた頃だったと記憶していますが、
「このままの延長線上の将来」よりも、
「よりあるべき将来をイメージした上で、今何を成すべきか?」という逆の発想を重視したいな!!と考えるようになりました。
「なぜそう考えたのか?」と聞かれる事を想定しても実は明確な答えがありません。
ですが「何かを変えたいな!」と思い、
その「変えたい何か」の主軸とは、
※考え方と
※効率的な時間の使い方
の2つだったのではないか。。と、今になって振り返るとそう思います。
特に「時間の使い方」には我ながらストレスを感じており、
「時間の使い方」を変える為には、
頭の中の「考え方」や自分なりに正しい考える「常識」などに変革をもたらすべきと考えたような気がします。
元来「仕事をしていない時がオフ」という考え方を持っている僕は、
「何曜日が休みであって欲しい」という欲求はなく、
「予定があるから休む」という基本的ベースは変わりません。
しかしこんなことを考えて「考え方」を変えてゆくと、
以前では考えられませんでしたが自分自身の「習慣」も驚くほどの変革が見いだされました。
例えばですが、
※朝一時間ランニングをして出社
※始業前にはメールチェックは終わらせる
※以前は2~3軒ハシゴするのが普通でしたが、今はまずハシゴしない
※好きなだけお酒を飲んでいたが、今のペースは半減
 ⇒でも楽しさは変わらない
※毎日最低一時間は勉強している
 ⇒飲んでも一時間は勉強している
※大学院に入学して今は学生でもある
※1日4~5杯飲んでいたコーヒーも2杯までと決めている
※タバコも半減した
※水を毎日3L飲んでいる
※朝食を食べるようになった。しかもフルーツのみ
※肉を食べなくなった。
 ⇒正確には食べたいと思わなくなった
などです。
習慣が180度変わりました。
それでいて苦痛はないし、
ビジネスにおいても効率が下がったわけでもない。
なのに逆に、運動や食生活による<体力>や学びによる<知力>という収穫物が得れているのです。
不思議です。
以前高校生位の時だったと記憶しているが、父からこんなことを言われたのを憶えている。
「24時間中起きているのが18時間。
 各1時間の集中力や効率を考えよ!!。
 1時間で10分節約できると1日で180分余る。つまり1日3時間も自由になる」と。
最近「これと同じだな。。」と考えるようになった。
習慣を変える。
そのためにタイムマネジメントを変える。
そうすることによって得れる事の多さを実感しています!!。
では本日も素晴しい人生の1ページをお創り下さい!!。では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top