杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【バスの復活!!】

こんにちは!!
本日も人生を楽しんでいます杉元です。
レストランL.JPG
<結婚式の準備が進んでいました>
hibiki.JPG
<水盤に花のアレンジが涼しげでした>
さて今朝の日経に面白い記事が出ていました。
簡単に言えば「最近バスが復活している」というニュースでした。
新聞によれば、
「乗客はずっと減少傾向であったが2007年に底を打った」とのことです。
加えてなぜ復活しているのか?について以下のように述べられていました。
※景気悪化やガソリン急騰で、自家用車からバスへの乗換えが急増
※IC乗車券(=PASMOなど)の導入で、乗りやすくなった(小銭が要らない)
※都心中心にバス乗車客が増えている
 ⇒郊外から都心住居者が増えている
※時刻表通りの運行が増えてきた
などが主要因のようです。
特にここでは上記の<時刻表通りの運行が増えてきた>を取り上げてみると、
(逆にバスが遅れなくなった理由とも言い換えれる)
何故時刻表通りの運行が出来てきたかと言うと、
※IC乗車券等で<停留所での乗り降りが時間的にスムーズ>
 ⇒乗り降りしやすい&乗り降りの時間短縮
※06年の道路交通法改正で<路上駐車違反は40%削減&結果渋滞距離は30%改善>
 ⇒通りやすい
※PTPSというシステム(公共車両優先システム)というのがあり、路線バスが信号に近づくと青信号になるように調整がなされている
 ⇒コンビ二のPOSシステムのようなこと
※GPSというシステム(全地球測位システム)などのIT投資で、バスの位置を正確に把握し、<主要バス停には到着時刻が知らせられる装置>や<ダイヤ通りでない運行であれば、急遽追加バスを走らせる>
 ⇒コンビニのPOSシステム
など施策が打たれているそうです。
「なるほど~~」と妙に納得しました。
現在JRや私鉄近郊に比べて不動産価値も低く注目もされることの無かったバス停周辺も、
今後見直されるのではないかと新聞では締め括られていました。
「経営をすることの重要さ」。
このニュースではそんなことを強く感じた文面でした。
では皆さん本日も素晴しい人生の一ページをお創り下さい!!では!!
 

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top