杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【自分を伸ばしながら浸透させていく~<自分に課した2つの取り組み>

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です!

20131109c
<ライフネット生命出口会長とのセッション。自身の考え方をビジネスに繋げる力と、実現するための経営チームの創り方が上手いと勉強になった>

20131109b
<最近自分でも勉強を始めたBtoBビジネスのセールスフローの分解図。
 どこをどう強めどういうシステムにすれば業績が上がり顧客が喜ぶかを最近勉強中です。。>

20131109a
<PDPメンバーの披露宴へ。鈴木衆議院議員と平野参議員議員の間での主賓挨拶はしびれました(笑)。PDPの卒業メンバーの元気そうな活躍を聞けて良かった>

さて2013年も早いもので既に11月も中盤。約300日が終了しました。

このブログ内でもお伝えしていますが現在中期3カ年計画の最終年が今期であり、
今月よりその今期も下期に突入しました。

実はこの今期に於いて、
経営者というより個人として自分に課している目標が2つあります。

一つは【経営者団体などへの活動参加】です。

今まで相当数のこういった活動に声をかけて頂いていたのですが、
自分がコミットできなくて中途半端になる事を嫌う傾向が僕にはあり、
ゴルフさえもPDP設立の30歳の時に早々と辞めてしまった自分にとって(笑)
こういった活動への参加や時間はその団体での活動に意味があるかどうかというより、
自分自身のコミットが強くないと継続しないと元来考えています。

つまり「中途半端になるくらいであれば入会しない」というスタンスを意味もなく(?)通してきた気がします。

しかしPDPではここ数年多くの育成プログラムへの投資を加速しており、
且つこのメンバーがどんどん成長を果たしていく暁には、
<異業種等との他流試合>の場が今後は不可欠であると考えるようになりました。

よって2年前よりMBAを学ぶ経営大学院への企業派遣の仕組みも建付けを行い、
今後より高い志や素晴らしい人財を形成していくメカニズムを構築していく上では、
◆僕自身の成長機会の場の形成と同時に、
◆他メンバーに参加してもらう団体の事前把握や素地形成
が重要であると考えました。

本年度より入会させて頂き活動に参加しているのは、
◆経済同友会
http://www.doyukai.or.jp/
◆EO
http://www.eojapan.org/
の2つです。

且つ僕自身も経営を再度学んだグロービス経営大学院内にある公認クラブである
◆GEC(グロービスアントレプレナークラブ)
という、グロービス経営大学院内では最大の約700名の起業家クラブ活動の代表を2013年10月より務めています。
http://mba.globis.ac.jp/club/index.html

そして二つ目が【自社メンバーとの対話や現場廻りの活動実施】です。

なかなか全員と話す事は難しいし、話すメンバーに偏りが出過ぎてもいけませんが、
自身の活動に於いては、今まで首都圏に集中していた現場廻りをこの11月より元々予定をしていた全国エリアに広げます。
メンバー自身の働きぶりを直接見たり会話したりすることで、
組織の変化や成長ぶりをより直接的に把握する必要性や、
正しい情報が今よりもっと究極のタイムリーさでキャッチアップしていきたいと考えており、
海外事業等が成長ステージに入る前のこの下期から、日本ではこういった対話や活動を実施したいと感じています。

僕はHRM領域に於いて「手術」と「予防」の2つが必要であり、
特に「予防こそが重要」だと考えています。

「予防」とは、組織や業績で大きな問題が発生する「前」の施策です。
これが出来ていると良い組織文化になりやメンバーの働きがい満足度が上昇し、お客様へのサービスも全員でスムーズに情報共有が出来、業績も良くなる。

一方「手術」とは、問題が起こった「後」の施策。
どうしても荒治療が必要となり組織や業績やサービスに大きな痛みが生じます。

一般的に組織が大きくなってくる過程の中で、
経営者に本当に必要な情報やネタが正しいタイミングで正しい情報として上がってきにくくなる時があると言われます。
こういった事を回避するために、
・メンバーの評価面談の回数を増やしたり、
・ウェブサイトにお客様のご意見を直接伝達して頂く仕組みを作ったり、
と様々な施策は投じていますが何はともあれ必要なのは、
・自分たちにとって都合の悪い事でも正しいタイミングできちんと報告させる仕組みと(自分の所で止めさせない)
・「事件は必ず現場で起こっている」事を肝に銘じ、自分でも色々な意見や声をとにかく色々と聞く
に尽きると考えています。

よってこの11月から僕自身のスケジュールの建て方も大きく変わります。
加えて来期からは海外日程を今期より飛躍的に増やします。
その為により正しくキャッチする仕組みに進化させていきたいと考えています。

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top