杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【アクティビストとは?】

こんばんは!!
水分遅い時間になってしまいましたが、
本日も人生を楽しみ尽くしている杉元です。
東京駅.JPG
<宇都宮へ>
昨日宇都宮に出張だったのですが、
残念ながら名物の餃子を食べることが出来ませんでした。
しかし素敵なレストランでランチが出来、
地元で取れる食材を地産地消する素晴しさを堪能しました。
sa-monn.JPG
<美味に舌鼓>
さて今日は久々にPDPが経営するホテルスケープスについてお話しますが、
その中でも昨年オープンしたスポーツにフォーカスした<アクティビスト>についてです。
http://www.scapes.jp/
よく株式投資家の世界で使う言葉にアクティビストというのがあります。
一般的には「活動的な投資家=アクティビスト」と定義されていて、
保守的<攻撃的
ローリスクローリターン<ハイリスクハイリターン
とも言い換えることが出来ます。
少し話は変わって別の議論ですが、
マーケティング的なSTP理論では、
※S=セグメンテーション
 ⇒市場を細分化する(整理する)
※T=ターゲティング
 ⇒細分化した市場の「どこ」で勝負するかを決める
※P=ポジショニング
 ⇒勝負する領域の中でどんなポジションでいくか?
と整理します。
<コンパクトデザインホテル>というコンセプトに立脚したスケープスにおいては、
<旅行する>よりも<逃避する>や、
<男性が女性をリードする>や、
<リラックスする>よりも<刺激を受ける>等のSTPを駆使している為、
※必然的にSPAや温泉的なテーマは合致しない
※ポジショニング的にも箱根の温泉には勝てない
などの設計を繰り返した結果、
※あえてストイックに体を鍛える
※お洒落に鍛える
※センスよく最先端のウエアやバイクで走る、乗る
などを提案することが、
スケープスのポジショニング設計には適切な差別化に直結すると考え、
先述の<活動家>イメージを踏襲した<アクティビスト>という施設名にしたわけです。
この春に入り、
半分以上のお客様がこのアクティビストをご利用いただき、
大変嬉しく感じています。
[共感して頂けている」ということをメンバーでより自信に繫げてゆければと考えています。
http://www.scapes.jp/
では明日も素晴しい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top