杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【花を売る青年とバイオリンを奏でる女学生の話】

こんばんは!!
今日も人生を楽しんでいます杉元です。
宴会ロビー.JPG
<帝国ホテルロビーにて>
ここまで蒸し暑い日は久々でした。流れるような汗を背中に感じた一日でした。
ひな壇.JPG
<今日は披露宴に参列。久々に媒酌人のいらっしゃるパーティでした>
さて本日はある方の披露宴にお呼び頂き素晴しいパーティに参加させて頂きました。感銘を受けたパーティでした。。
おそらく僕が今まで参列させて頂いた中で最も平均年齢が高い結婚式だったのではないかと予想します。
平均年齢は間違いなく40歳中盤から後半でしょう。
(僕が若手の方でした。。)
新郎主賓のご挨拶が84歳。
新婦主賓のご挨拶がおそらく60数歳
その後数多くの方がスピーチされましたが最高齢は88歳。
各皆様がいわゆる「シャキッ!!」とされている現役バリバリの方々ばかりで、
そのお話も大変参考となる話に改めて感銘を致しました。
そもそもこのお二人の出会いは、
花を売る青年の店に、
音大に通う女学生が時に店に立ち寄り花を買い、
時々連絡は取り合ってはいたものの、
転勤や仕事の都合ですれ違いもありながら、
その後青年から女学生への「誕生日お祝いメール」が縁となり、
今日を迎えたというまさにドラマのような話である。
本日奥様と初めてお会いしましたが大変美しく、
常に新郎を立てる謙虚さが素晴しく感じました。
また多数の人生経験を積まれた先輩方のスピーチも素晴しく、
人生で初めて<聴くに値する><大人な結婚式>でした。
参考に少し。
※「常に自分が身分不相応ではないか疑う精神が大切」
※「創業よりも次世代の経営者を作るほうが数百倍大変」
※「一」を大切にすること
 ⇒考え方や価値観は違うもの。だから会話や価値観を認め、最初の「一歩」を常に大切にせよ!
など。思わずメモってしまいました。
帰りは少し歩きたくなり、酔い覚ましも兼ねて日比谷から虎ノ門まで歩きました。
受付.JPG
<送賓>
帰路へ.JPG
<帰路へ>
来年早々パリに新婚旅行に行かれるそうです。
お幸せに!!
僕たちも負けずに素晴しい人生の一ページを創りましょう!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top