杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【Iphone3GS!!】

こんばんは!!
今日も人生を楽しんだ杉元です!!。
週末に雨は憂鬱です。
真夏日で汗ダラダラでも良いので、「雨だけは。。」そんな気分です。
さて。
先週全世界で発売されたアップル社のアイフォーン新型がバカ売れしているようですね。
ある資料で読んだのですが
こんな理由でユーチューブも凄いペースで伸びているようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000088-zdn_ep-sci
良く言われることですが(=雑誌で読んだのですが)
アップルから見ればIphoneは単なる携帯電話という考え方ではなく、<ファッショナブルな動くターミナル>という考え方で、
※音声通話なんて勿論
※データやネット通信
※音楽や映像や写真や今後はゲームも携帯
※おそらくまた色んなものが。。
という訳で、
競合は携帯電話とかPCとかプレステ2などゲーム機とかデジカメとか携帯ムービーとかです。
おそらくソニーとかがソフトやノウハウを結集すれば出来た領域なのでしょうが、
今やソニーが以前発していた独創性や革新性はもはやアップルの独壇場なのでしょう。
なぜなのか?
マーケティング勝ちなのか
いわゆるブランディング勝ちなのか
アップルストアなどのビジネスモデル勝ち?。
最近良く考えるのですが
最大のKSF(=成功要因)は<企業理念>や<組織>や<企業文化>では?と考えています。
「本当に顧客が欲しい商品」を創造力を持って生み出す力と、
「社内にあるリソース」を整合性つけながら生まれた商品とは、
消費者に届けるべき強烈なメッセージが、圧倒的な吸引力の差や熱狂の差として勝敗を決するのだろうと考えます。
ユニクロのCMなどを見ていても同様のKSFを感じざるを得ません。
10年位前のナイキなんかもそんな感じです。
消費財やBtoCビジネスにおいてはこの辺がとても重要なんだと思います。
では明日も素晴しい人生をお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top