杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【企業文化】

こんにちは!!
今日も人生を楽しんでいます杉元です。
昨夜は久しぶりにウエディング業界の方と食事させて頂きました。
この業界で仕事をさせて頂きながら、
実は異業種の方とのお付き合いが多く、
楽しい話題や話をさせて頂きました。
○上さんありがとうございました。
さて。
今期後半からPDPにおいては「企業文化」について社内でのナレッジを深めたいと考えています。
一番星の会.JPG
<PDP本社で行う@一番星の会>
簡単に言えば、
●PDPとしての「逸話やエピソードの形成」
●朝礼や表彰などの組織の基本的価値観をわかりやすく体現する「儀式の形成」
●PDP語や語録などを意識した「共通言語の形成」
●ピンバッチなど「物的シンボルの形成」
などを指しています。
なぜそうすべきと考えたかというと2点の理由があります。
1点目は<200年継続するための文化形成>です。
企業文化は何も無いところからは創出されず、
経営者の経営理念や哲学、考え方や一種イデオロギーなどによって形成されたり、
価値観や在りたい姿などにおいても社員同士が共に働く中で、
重視すべきと考える価値観や、
なぜ共に働いているのかや、なぜ頑張る必要があるのか>などにおいても、
心の深い部分で結束された価値観として重要であると考えているからです。
もう1点は<企業理念の補強としての企業文化>です。
現在のPDPは「PDP WAY」という企業理念を根幹に経営し、
※杉元が唱える経営から、
※PDP WAYが唱える経営に移行を進めており、
その明文化しやすい企業理念は「目に見える方向性や文化」を規定するが、
よりこの理念を深く刻み込んでゆく為には「目には見えないが普遍的な価値感」としての企業文化を、
PDPメンバーで共有してゆくことがより重要であると考え、
今ここをしっかりと構築することで、
将来マネジメントするであろう海外メンバー等との目線や価値感形成が出来るのではないかと考えているということです。
追ってまた皆さんに共有します。
では本日も素晴しい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top