杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【夏のオープンキャンパス】

こんにちは!!
今日も暑い!!そして人生楽しんでます杉元です。
昨夜は一年ぶりに西麻布のこのレストランでビジネスディナー。
http://www.citabria.co.jp/japanese/index.html
もうオープンして8~9年だろうか。
あえて変わらず愚直に信念を通しているレストランとして尊敬に値するお店です。
スタッフの入れ替わりもなく、軸のブレないレストランです。
さて。
最近新聞や雑誌等で全国大学による高校生やその保護者向けの<オープンキャンパス>というのが花盛りだそうです。
以前(僕の大学受験当時)の競争や振り落とされる感覚よりも、
現在の若者の志向や親の過保護化も加味して、
加えていわゆる少子化という課題に対する打ち手として導入する大学が増えているようです。
この高校生が夏休みの夏にキャンパスを公開し、
※建学の精神
※施設や授業、講師や研究内容(勿論学部)の紹介や特徴
※過ごすべきキャンパスライフのイメージ訴求を図る
事などを主目的としているのでしょう。
特徴として、
受験勉強に追われる現在の高校3年生に比べ、
比較的時間のある1~2年生が多いのが特徴のようです。
少し異業種となるが、
※採用市場における<インターンシップ>や
※婚礼市場にける<ブライダルフェア>と、
意味合いや戦略に関係性を感じます。
ポイントは、<考え方の共有>や<情報の認知><雰囲気の事前把握>でしょう。
各大学はウェブサイト等も充実させ、
様々な情報を公開し、
その大学が捉えて欲しい考え方や特徴、差別化ポイントを訴求しており、
それを「自分の目」で確認し、その大学で自分のビジョンや自分の描くキャンパスライフが過ごせるかどうかなどを入学前の学生や保護者は判断し、
大学側はそのミスマッチや受け入れ方の変革で、
時代にマッチした提案をしていると感じました。
総論として素晴しい試みだと考えます。
加えて大学でさえも「官僚的でなく顧客サービスに目を向け始めているんだ」と強く時代の変化を感じた次第です。
参考に数大学添付しておきます。
http://www.waseda.jp/nyusi/oc/index.html
http://www.hosei.ac.jp/nyushi/event/open.html
http://www.admissions.keio.ac.jp/meeting/oc09.html
PDPでも先日のブログで「内定者父兄向け会社説明会」というチャレンジを実施しましたが、
2,011年新卒採用でも初めてインターンシップ開催を通じて、
※企業としての考え方や理念の位置づけ
※事業領域やビジネスモデルの紹介
※企業文化や仕事環境の紹介
※働く仲間のイメージ訴求
を主目的として開催します。是非ご参加をお待ちします。
http://2011.rikunabi.com/bin/KDBG00200.cgi?KOKYAKU_ID=1676925001&MAGIC=
では本日も素晴しい人生の一ページを!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top