杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【民主党圧勝の勢い!!】

こんにちは!!
今日も人生を楽しんでいる杉元です。
さて今朝早朝の打合せを済ませた後オフィスに戻り、
社内ミーティングを実施したあとコンビ二で買った簡単なランチをしながら日経新聞を読んでいたのですが、
タイトルにある<民主党圧勝の勢い>が一面に記載されていました。
ポイントは、
※全480議席中約300議席を民主党が獲得の予想
※一方自民党は通称小泉前総理が仕掛けた郵政選挙での300議席から、
 100議席強まで激減の予想
の2点です。
大半は「民主党への期待」というよりも「自民党が期待通りでなかった」事に対する4年間の評価が、
まさに前回選挙と真逆の票予測として現れているのだと想像します。
あくまで仮説ですが、
小泉前総理の総理退任期限による安部総理への移行の際、
前回選挙圧勝という民意による小泉戦略の国民了承という評価に対し、
小泉前総理の大胆路線(=国を変える改革)から、
安部前総理の少し曖昧な路線(=美しい日本)に走った結果が、
逆に悪い結果と流れを作り、
加えてその後の福田前総理も含めた退陣の仕方と責任の取り方が、
国民から見ると<無策><国民意識との乖離>として信頼を失ったのではないかと考えます。
一方民主党は何か特段実績のある行動があったのかというと、
私自身その記憶はありませんが、
先述の「自民党の失態」に対し、「独占的な受け皿としての民主党」
という立場で票が上積みされているのだろうと考えます。
知り合いのコンサルタントによれば、
政権が変わるという前提で今期予算の早期使用を実施している官庁等も存在し、
大変な忙しさであると聞きます。
自公連立という現在の政権運営ですが、
自民党が過半数を切ることは数多くあれども、
議席数が1/3まで減る負け方は、当然今までで最悪です。
また細川前政権時の「寄れば大樹」的複数政党という弱さに比べ、
今回の「民主党を軸」とした複数政党の政権運営基盤の強固さは言うに足りません。
日本はいよいよあと2週間後、大きな方向に舵を切るようです。
機会があればマニフェストについても論述したいと考えます。
では本日も素晴しい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top