杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【自民党と民主党!!】

みなさんこんにちは!!
8月最後の週末を楽しんでいます杉元です。
さていよいよ本日は衆議院選挙投票日となりました。
現在の時間は19時。
20時までの投票時間のため選挙法に則り現在の出口調査等の状況はまだ伝え聞くものはありませんが、
戦前の報道では、
●民主党が300議席獲得で政権交代確実
●自民党は100議席強と議席数1/3まで減少
など「民主圧勝」の報道が数多く出ており
おそらく政権交代は確実と言われています。
7月にある会合で参議院議員の世耕さんとお話したのですが、
今回の選挙では勝ち目がないのでは?と危惧されていたのが印象的でした。
最近良く聞くマニフェストという一種の政権公約を
今回の戦況においてじっくり読む時間を作りました。
自由民主党公式ウェブサイト
http://www.jimin.jp/index.html
民主党公式ウェブサイト
http://www.dpj.or.jp/
自民党と民主党も大きな違いはないのですが、
●消費税に対する方針に大きな違いが存在
●改革への方向なのか?現状維持の方向なのか?
●国民に変化と危機感を醸成するのか?
 「守ります!!」と安心感を醸成するのか?
などには両党に大きな違いと感じました。
またマニフェスト事態について以下の2点を感じました。
1)<具体策が不明>⇒キャッチフレーズで選ぶしかない
つまり5W1Hが無いと言う事です。
一般的に企業で「来月1000万円売り上げます」と言えば、上司に
・いつ
・誰に
・何を
・どんな方法で
などの整合性が合致しないと承認や方針共有が出来ず、
いわゆる目標とプロセスはセットなのですが、
マニフェストを見る限りではその辺のことが見えませんでした。
これで言うと国民が、
実現可能性の有無は無視して目標に対してのみ合否を考えてしまうリスクが存在すると感じました。
(勿論国民がそこまで精査しているかどうかは別ですが)
2)<本質が見えない>⇒正しい情報が国民に見えにくい
つまり消費税率アップの導入について判断できる情報が少ないという事です。
一般的に現在の日本は企業でいう所の債務超過と言われており、
今後さらに膨らむ社会保障費等の補填を勘案して消費税アップの必要性を自民党は説いています。
一方で国民新党の亀井静香代表代行が言うには、
「日本には実は埋蔵金がある。自分が自民党の政調会長のときに確認した。
 だから消費税アップなどしなくとも日本の財源は十分である」と説く。
選挙における国民の位置づけを一般企業に例えるならば株主とも置き換えることが出来、
先述の消費税や債務超過については、
「会社の純資産などの財務状況が正確に把握できない中で、
 経営戦略の是非をする」事と同義であり、
個人的には実態や本質が見えにくいと感じました。
結果は今日深夜には判明するようです。
明日から新政権になるかもしれませんね。
では来週も素晴しい人生の一ページを創りましょう!!では!!
http://www.jimin.jp/index.html
http://www.dpj.or.jp/

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top