杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【スピードと振り切り方って難しい~<どうやって140%⇒300%にするか?>~】

こんばんは!今日も人生を楽しんでいる杉元です!!

20131208g
<神戸ハーバーランドのザマーカススクエア神戸のハーバーカフェと鉄板焼然荘がリニューアルオープンしました!>

20131208c
<写真は最上階鉄板焼然荘のエントランス。ぐっとリーズナブルになりました。皆さん是非来てください>

20131208b
<このラウンドカウンターでこのオープンキッチンの感じがGOOD!!最近よく行く恵比寿の店です>

20131208d
<カルトで頼むとコース仕立てでシェアしてくれる。写真は冷前菜と温前菜>

20131208a
<人気のウニのムース>

20131208f
<パスタとリゾット>

20131208e
<やはり和牛旨し!!>

さて丁度2回ほど前のブログで、
「今までの140%成長ぐらいの目線じゃダメ。300%成長くらいの目線でいかないとダメだと感じる」と書きましたが、
多くの方に「自分も同じ事を考えている」「刺激を受けた」との声を頂きとても嬉しかったです。

僕自身がなぜ最近そう感じるかというと、まずは自分の経営する会社であるポジティブドリームパーソンズの周辺に置いて以下の3つを感じている点があります(以下再掲)。

◆PDPがベンチマークしている企業や業界に、追い付くどころかここ3年で逆に引き離されている気がしてならない、
◆ベンチマーク業界の成長性や顧客満足度、市場認知度も含め、実はこの業界との差が付いていると感じる
◆ウエディング事業においては、各社の経営戦略が同質化し始めている
という点ですが、全てを要約すると、
「自社の成長よりもベンチマーク業界に引き離されてはしないか?」という真剣な危機感です。

だからこそ「ここ3年の140%という突き抜け方では突き抜けられないな。。。PDPが本気で突き抜けるには300%まで突き抜けなきゃダメだな。。。」
これが今の僕の正直な考え方です。

その為に取り組むべき点は多数ありますが、まずはこの半年で、
※自社レストランを今後更に成長させる基盤を完成させる事
※感動を再現する技術を全社で完全導入させる事
※今期と来期の業績の目星を立てる事
などを完璧に完成させたいと考えています。

その上で来期からはこの3年で計画より若干遅れたと考えている
※IT化のアクセル
※感動の技術化のチェック体制強化
※採用、配置、育成の戦略的強化
をメンバー全員で強化し合いたいと考えてます。

いや~~~しかし300%となると頭の中をかなり整理し直す必要があります。

前回もブログ内で書きましたが
ガラケーの延長線上的発想でなく新たなスマホを創み出す的発想が特にトップである僕に必要になってきたと感じています。

まずは来期一年の時間の使い方の方向性を少し大きく変える予定ですが、
良い意味でPDPらしい良きベンチャーマインドを呼び起こす仕掛けや、
良い意味で社外や社内からの情報が偏らない仕組みを考えていきたいと思います。

140%じゃなく300%!!。
ここかなり自分の頭に刷り込まないといけませんね^^。ちょっと苦戦してますが^^頑張ります!!

では来週も素晴らしい人生の一ページを創りましょう!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top