杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【まもなくオバマ大統領来日!!】

おはようございます。
今日も人生を楽しんでいます杉元です。
サクセス.JPG
<今朝は7時からサクセスブレックファースト>
全て異業種及びベンチャーステージの企業経営者の皆さんと
中々夜時間をとることが難しいので、月に一度とあるホテルの個室で朝食とコーヒー飲みながらブレスとしています。
さて。今週末ついにアメリカ44代大統領であるオバマ大統領が来日されます。
来日.JPG
民主党政権に日本も変わり、昨今では多少ギクシャクした日米関係が紙面を賑わせていますが、
実り多き首脳会談になればと思います。
今週から国会周辺などは相当な警備態勢となっているようです。
タクシーに乗ってその付近を通ることがあったのですがそう感じました。
先日BSで「オバマの軌跡」という特番が放映されてました。
なぜか僕の家ではBSの録画が上手くいかず、オバマファンである僕はその時間に間に合うようにその日は帰りました。
ここでバラクオバマの良く知られる基本情報を以下に記載します。
※アメリカ国建国初の黒人大統領
※父はケニア人で母はアメリカ人(つまり父は黒人で母は白人)
※オバマが2歳の時に両親が離婚
※父はその後ハーバード大学に行き、再婚して7人の子供がいる
※オバマは母についてゆき、その後再婚
※母はオバマの今後を考え、朝4時に起床し毎日3時間の英語教育をオバマに実施
 その背景には以下のような考えもあった
 ・バックグラウンドを考えると「強くしなければならない」
 ・「自尊心を保たせなければならない」
※その後オバマは再婚した父の仕事の関係でハワイとインドネシアで育つ
※白人家庭に育てられ、心は白人だが外では黒人として扱われることにアイデンティティの破壊を感じる
※この辺りから「調和」や「親和性」の重要性を考えだす
※多くの愛情を親から受けてきたミッシェルロビンソン(現妻)との結婚を通じ、「安定への渇望」や「愛情の重要性」が芽生える
※政治活動において「調和」というメッセージが、
 「黒人の顔をした白人の心を持つオバマ」と定義され始め苦悩を極める
(当時の黒人議員のメッセージは「差別」や「平等」というメッセージであり、一種白人批判をしないと黒人の票を獲得できなかった時代)
※政治における支持基盤を、「今が不公平だ!!と権利を主張する黒人」から、
「調和を目指す白人」と「調和を目指す黒人」にこの頃から絞り始める
※昨今の米ロの冷戦終焉や、ドイツのベルリンの壁崩壊、地球環境など「調和」や「認め合う」カルチャーも後押しし、
オバマの考え方はアメリカで受け入れ始める。
※「白人と黒人のパイプ」ではなく、世界の様々な課題をつなぐパイプ」としてオバマの存在が米国内で認められ始める
※大統領選出馬。クリントンやマケインと競い勝利
こんな流れです。
また「Yes we can!!」のコメントが有名ですが、
オバマのオフィシャルサイトや本を読むと、http://www.barackobama.com/index.php
「不可能はない。我々は出来る!!」というポジティブメッセージもあるでしょうが、
「調和という信念は必ず叶う!!」という意味でのメッセージが強いと僕は感じています。
会うことはできませんがおそらく半径10Km以内にはいるはずなので(笑)、
少しでもその空気感を感応したいと考えています。
では今日も素晴らしい人生の一ページを創り上げましょう!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top