杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【星のや京都②!!】

こんにちは!!
今日も人生を楽しんでいる杉元です。
さて前回に引き続き本タイトルについてです。
星のや10.JPG
<和朝食>
星のや11.JPG
<お漬物>
星のや12.JPG
<春には目の前をトロッコ列車が走るようでノスタルジー>
星のや20.JPG
<奥の庭>
星のや14.JPG
<ロビー前>
星のや15.JPG
<ダイニング>
星のや16.JPG
<舟でチェックアウト>
星のや17.JPG
<渡月橋を渡って嵐山駅へ>
■<徹底することの重要さ>と<徹底することは商品>
前回のブログで、コンセプトは放っておくと徐々にブレてくることをお伝えしました。
それに比べると「星のや」はコンセプトが徹底されていると一種感服しました。
・TVが無いこと
・時計さえも無いこと
・食事が別なこと
などと同時に、
「地域性」をほぼ排除し「星のや」のブランドであるべき姿に徹底的に踏襲されている事が感じられました。
中々出来そうで出来ない事です。
■<顧客を絞る>
朝食を和食にしたのですが、中には、
・朝食が別とは何事か!!
・価格が高い!!
と思う人もいるのかもしれません。
しかしそれは、
※顧客セグメントがそもそも合致していない
※ターゲットとズレている顧客である
と言えると思います。
色々やらない方が実は差別化戦略となる。
星野リゾートさんはその辺がきちんとつかんでいるんでしょうね。
以前リゾナーレという星野さんの運営される八ヶ岳のホテルに行った事がありますが、
ファミリーで遊べるジャングルなどそのコンテンツツールは、
※海外では常識的なアウトドアや商品
※日本ではコストとみなされ削減される商品
で、着眼点と顧客設定の大きな違いが高も商品設計を変えるんだろうな~~と
考えたことがありました。
また寄らせて頂きます!!
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top