杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【右脳と左脳の延長として外脳を得た感じ!!】

こんにちは!!
今日も人生を楽しんでいる杉元です。
ヴィラズ福岡.jpg
<ザヴィラズ福岡のコンテンポラリーヴィラ>
桜.JPG
<桜も7分咲です>
午前10時始業の当社において午前中にアポを入れないとメールチェック中心の時間で終了してしまう為、
去年から出来るだけ朝9時に一本打ち合わせを入れるようにしている。
午前中に2件打ち合わせが終了すると生産性が上がり、
自身の帰社時間も早くできるようになってきた。
また週に3回は朝走る(ジョキング程度ですが)様にしており、
24時間から創出されるパフォーマンスが30歳代に比べ逆に上がってきた気がする。
良い傾向と捉え(??)現在では、
朝のジョギングと朝一ミーティングは積極的に取り組みたい。
そう考えています。
さてツイッタ―ネタです。
昨今はこのツイッタ―の持つ「気軽さ」「スピード」「簡易性」が受けて、
ブログやSNSを超えたオープンな共有システムとして一気に飛躍しています。
鳩山総理のツイッタ―が「軽い」「不謹慎」と一カ月ほど前世論を賑わせましたが、
そんな議論は既に時代遅れだと思います。
今後は総理も国民にダイレクト且つスピーディに自分の考えや持論を論じる事を通じて、
考え方を共有したり国の進むべき方向性や方針をダイレクトに浸透させる。
そんなプロセスが重要だろうと考えています。
そんな中経営者もダイレクトに自分の考え方を伝えたり、
顧客の声を直接的に吸収する事に活かしている方も増えてきました。
ツイッタ―を使う経営者の代表格がソフトバンクの孫正義社長ですが
以下にこんな記事が出ていました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100325/213606/
文中にあった自分の右脳や左脳だけでなく外部の方という<外脳>を得たというセンス。素晴らしいと感じました。
今後はこういった経営センスや顧客のインサイト(深層にある顧客ニーズの本質)を認識する重要ツールにもなるのではないでしょうか。
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top