杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【視界を半歩先に置く~<先に視点を置く力>~】

こんにちは!!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

20141130a
<昨日までジャカルタへ!!>

20141130b
<世界第4位の人口。一方街の渋滞は凄いですね。。>

20141130c
<今期より海外出張を意図的に増やしています>

20141130d
<人気のスカイレストラン>

20141130e
<現地の方との商談や打ち合わせも多数行え有意義でした>

いや~~早いもので今日で11月も最終日。
始まったばかりと思っていた2014年も約330日が終了しました。約92%の消化率です。

TIME IS MONEY。時は金なり。
時間を大切に過ごしたい&使いたいといつも考えています。

さて先日ある本で、
経営者の時間の使い方、正確には経営者はどのくらい先の時間軸を見ながら経営するべきか?という視点で描かれた本が面白くここでシェアしたいと思います。

もちろんこれに正解はなく且つ事業やビジネスモデルによって違いや相違は多くあると思いますので以下は僕個人の時間軸の見方についてご紹介できればと思います。

結論から申し上げると大きな塊で考えると僕の頭の中はいつも、
※3割が当期の事
※5割が翌期の事
※2割が3年後以降のこと
という感じに分類されます。つまり振り切った言い方をすれば、
※当期や翌期という「近々1~2年単位が頭の中の8割を占めている」とも言えるし、
※翌期や3年後以降という「2~3年後の事が頭の中の7割を占めている」とも言えます。

これは経営ステージや組織の強さによって一概に正しいとはいえないかもしれないし、
経営側の意志によってグッと戦略的に短期志向でモノを考える頭も必要だと考えています。

一方今のPDPのステージで言うならば、
※会社としての「質と格を上げる経営」を行いながら(ここ3年で企業認知や評価を引き上げる策)
※「未来の経営人財の育成」や「腹の据わったミドル層を100名育成」という組織力や人材力で差をつける戦略に時間とカネを投資しながら(ここ5年先辺りの経営人材や会社骨格を担うミドル人材を創る策)
※「感動」という事業領域で日本NO1のユニークなポジションと業界境界線を形成する事を、東京オリンピック前の2018年~2020年位までに目指しながら、
※それや企業文化に適合した組織や人選を再度プロデュースする

そんな事を頭に入れながらさらに一歩前に進む基盤や土台を、
PDPという組織に良い意味で「遊び=バッファー」を持たせながら進め且つ「少し先を見ながら経営しよう」と最近考えそして努力しています。

そういう点では、
<今まで以上に若干中長期視点で見る事を意識している><少しバッファーを持たせながら経営するようにしている=キツキツで経営している組織は人材が伸びていない&新たなアイデアが不足している><次のミドル人材を大いに且つ気前よく期待し育成する>みたいな点が僕の中での時間軸として最近重視しています。

僕自身苦手な「先に視線を置く力」。
上記のように意識的に自分の中で構想しながら先に視線を置きにいっています。

では皆さん今日も素晴らしい人生の1ページをお創りください!!では!!。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top