杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【クリエイティブシンキング!!】

こんばんは!!
今日も人生を楽しんでいる杉元です。
7月も中盤を過ぎいよいよ梅雨明け宣言です。
あと2週間もすれば夏の高校野球が始まり、
一カ月後には残念ながら夏の高校野球も決勝戦を終え、
勿論お盆も既に過ぎ、
季節と気分は一気に秋に突入することとなります。
いつも思うのですが「まだ時間がある」は、
自身や人間の弱さでもあり楽観的危機だと思います。
「まだ時間がある」という楽観的でポジティブな視点と同時に、
裏側では「もう時間は無い」という現実主義な一面の双方をバランスする事。
そんな意識で今年の夏は乗り切りたいと思います。
スケープスから.JPG
<葉山SCAPES THE SUITEからの富士山。夏ですね。。。>
さてタイトルのクリエイティブシンキングです。
最近巷でよく聞きます。
本などでもよく書かれているテーマなのですが簡単に説明すると、
ロジカルシンキングやクリティカルシンキングな論理的思考という「整理」「収束」「常識」的思考だけでなく、
「創造」「発散」「非常識」的視点であるクリエイティブシンキングが、
今の時代は必要であり、両立できるというのが最大ポイントです。
この両立や特にクリエイティブシンキングな視点での成功例として、
◆アップル社の創るプロダクト
http://www.apple.com/jp/
◆ユニクロのCM
http://store.uniqlo.com/jp/store/feature/ut/top/
◆サムライの佐藤可士和
http://kashiwasato.com/
などがその好例と言われています。
ビジネスでは市場やタイミング、環境、トレンドなどを常にチェックしながら
このロジカルシンキングとクリエイティブシンキングの双方の使い分けや併用が
よりマーケティング戦略として重要な時代に来ていると痛感しています。
今までの常識を破壊しながら新たなスタンダードを創造してゆく感覚。
そんな組織や人財を創れる会社が勝つのでしょう。
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top