杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【組織は戦略に従う】

こんにちは!!
今日も人生を楽しんでいる杉元です。
話は飛びますが、
イチローの今シーズン200本安打がギリギリのペースですね。
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20100904-674226.html
今まで渡米して最も苦戦しているようです。
最近気になるのが内野安打が殆どで、クリーンヒットがないこと。
疲れが相当溜まっていてあの天才的なイチローと言えども、
微妙にバットコントロールがくるっているか、
もしくは意図的に内野安打を狙いにいってるのかもしれません。
頑張れ!!。イチローなら何とかやってくれる事と信じています。
さてタイトルの【経営に必要なスキル】です。
様々なスキルが必要だと思いますが、最近「企業家」についての本を数多く読んでいて
以下のような共通点又は必要な要素が企業家にはあるのではないかと
考えるようになりました。
ちなみに「企業家」とは、
「企業を養ってゆくべきビジネスパーソン」と僕の中では定義づけています。
つまり経営者や経営チームやマネジメントメンバーに加え、将来それを嘱望する人財も含み、
<ビジネスパーソンの一段上>という考え方です。
一方「起業家」とは、
「企業を興す人」と定義しており「企業家」とは意味合いが多少違うと言うのが僕の考え方です。
企業家に必要な要素は5つだと考えました。
◆志がある
⇒やりたい夢、成し遂げたいビジョンを明確にする能力が企業家には必要。
 ここの優劣が優秀な人財を集めるミソになる。
 特に経営者に必要なセンス。
◆言語化する能力
⇒マネージする中で「話すのが苦手」も致命的ですが、
 自分の考えや自社の考えを、自分の言葉で「言語化」し簡明に表現する能力は今や必修。
 経営者は基より今やビジネスパーソンに必要なセンス。
◆組織を構築できる能力
⇒基本的にチームという組織を重視し、人事・財務・マーケなど必要な人的資源を整え運営する能力。
 経営者は基より今やビジネスパーソンに必要なセンス。
◆市場を創り且つ飛躍させる能力
⇒新マーケットを創出するという事も重要。加えて、
 自社が生き残る(または活きる為に必要な)市場を確保し、維持させてゆく為の勘どころをつかむ能力。
 経営者は基より今やビジネスパーソンに必要なセンス。
◆企業理念や企業文化を構築する能力
⇒自社の存在意義、社会的使命を明示し、それを実現するための文化やカルチャー、制度、組織を構築する力量。
 ここは経営者には必修のセンス。
この5つの相互関係が成立した上で(もしくは企業家としてスキルを保有した上で)、
どんな戦略を打つか(営業戦略や財務戦略や組織戦略とか)がポイントになるのだと思います。
有名な言葉で「組織は戦略に従う」というのがあります。
実現すべき目的・目標に対し、どんな戦闘態勢で実現するのかという事ですが、
自社においても今期後半からは、
この組織戦略をより重視し、
「経営目標を達成するためにはどんな組織戦略を組むべきか?」という視点を
より重視してゆきたいと考えています。
僕は「起業家」よりも「企業家」を創ってゆきたいと考えています。
その為に現在ある研修を少しカスタマイズし、
上記の5つのセンスをより高める仕組を構築したい。そう考えています。
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top