杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【<世界経営者会議>にて考える】

こんばんは!!
今日も人生を楽しんでいる杉元です。
(一週間ぶりのブログとなりました)
つい2カ月前までの猛暑の記憶も忘れ去るほど
本日は寒い一日でした。
僕も珍しく少し風邪気味です。是非皆さんも気をつけてください。
ヴエリタス.JPG
<先週末は久し振りに日経ヴエリタスで世界経済を読む>
世界経営者会議.JPG
<今週は世界経営者会議に参加>
さて今週火曜日はオフだったのですが、
自身のインプットの為に日経新聞社主催の「世界経営者会議」に参加し、
世界を活躍するトップ経営者の知見や戦略を、
終日腰を落ち着けじっくり勉強の時間を作りました。
特に今回聞きたかったのが海外の経営者の経営戦略でした。
◆インドで躍進著しいタタ自動車のカント副会長
◆レナウンの経営参画で一躍著名な山東如意科技集団の邸理事長
◆航空ビックバンの主役のユナイテッドコンチネンタルホールディングス会長のグレンティルトン
◆有料半導体メーカーで有名なサンディスク会長兼CEOのハラリ
などに加え、日本企業の経営者でも
◆みずほコーポレート銀行の佐藤頭取
◆アジアで躍進中のユニチャーム高原社長
◆東芝の佐々木社長
などのお話を聞く事を通じて、「経営戦略の重要性」を改めて確認した次第です。
特に記憶に残ったコメントは、
◆変化を機会と捉え、自らに有利な市場を形成すべき(タタ自動車)
◆1㌦70円の超円高でも利益が出る企業体質となるべくストレステストを自社に説いている(東芝)
◆日本人はもっと海外に出るべき
◆昨年のハーバード留学数は、中国300人・韓国200人に対し、日本は何と1人。
 これでは日本は負ける
◆言葉も重要だが、人格は言葉を勝る
◆大事なのはマネージ
◆日本はスピードを上げよ
◆経営チームの優劣さは企業価値を決める
◆人材育成がカギ
◆社員は「最大の資産」であり、「最大のコスト」にもなり得る
などでした。
また海外からの経営者に共通しているコメントに、
◆日本はかつてイノベーションの国だった
◆日本はもっと自信を持った方がよい
とのコメントが重複しており、逆説的には
<イノベーションに欠ける>や<自信がなさそう>とも同義なわけであり、
中国や韓国との意思決定の速さや逆境での精神的強さなどが
まさに国際市場で問われていると大きな危機感を持った次第です。
明日からまた頑張ります!!
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top