杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【説明下手な人はトップになるな!】

こんばんは!!
今日も人生を楽しんでいる杉元です。
良い感じ.JPG
<良い感じだな~~。>
今日は慌ただしい予定でやっとメール対応をまとめて終わったところです。
今夜は「いいとも!!」という自社で取り組むイベントで、
簡単に言えばミドルマネジメントクラスのメンバーが所謂「笑っていいとも!」のゲストとなり、
僕がタモリさん役を拝命し(笑)、同席する経営チームのメンバーが観客役に見立て、
密にコミュニケーションを図る所謂飲みニケ―ションです。
この活動を通じて、
※自社の理念やビジョンを何度もマネジメント層と共有する
※マネジメント層の状態や成長を直接的に把握する
ことを目指し、
マネジメント層においてもこの「いいとも!!」を通じて得た感想や方針を
※自部門の朝礼で話す
ことまでが設計されています。
この事を繰り返し実施してゆくと(もう4年ほどやっています)、
説明する力量や人前で話す力量が業績に影響する事が見えてきます。
僕も20歳代の時良く言われた言葉に「説明ベタな人になるな!」があります。
自社や自分のビジョン・方針を、
※自分の言葉で組織に伝達し(What=何をやるのか)
※なぜその方針なのかを解説し(Why=なぜやるのか)
※どのように進めるつもりなのかを明示し(How=どのように)
※そしてどうチェックするのか
などにおいて、
「何を伝えたいか」よりも、「そもそも相手にどう伝わっていてほしいか」を、「自分の言葉で説明できる人財」である事が、
特に難易度の高い成熟市場等では必要だと考えています。
市場が伸びている時や競合が少ない時は、
マーケットが潤沢なので戦略構築力や伝達力の重要性は低い。
しかし市場が成熟してきた時は、
リーダーの戦略を構築する力や決断力、
そしてその戦略を具体的に組織に浸透させベクトルを一枚岩にさせる解説能力がリーダーには期待される。
こんなリーダーをPDPでは数多く創出してゆきたい。
心からそう考えています。
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top